かんたんてんと®3 災害対策用ワンタッチ多目的テント


かんたんてんと®3 災害対策用ワンタッチ多目的テント
  • 単品・部材 商品一覧
  • オプション商品一覧
img_B-09_02
img_B-09_03
ワンタッチフレームなので従来の組立式テントより、設営・撤去時間を大幅に短縮。
一体型フレームにより省スペースでの保管を可能にしました。
いざと言う時にも、部材紛失の心配もございません。
また、災害対策本部等で必要なテント資材は全て付属しております。

天幕・横幕はターポリン

天幕・横幕はターポリンを使用しておりますので、完全防水を実現。
防炎認定品です。

ターポリンII類 0.35mm厚

天幕カラー(白)

天幕カラーは白のみとなります。

img_B-09_04

巻上げ式出入口&メッシュ窓を標準装備

1000mm×1800mmの出入口と、900mm×900mmの換気用窓を取付けテント内の通気性と換気性を高めます。窓の位置は変更可能です。
img_B-09_05 img_B-09_06

天幕文字入れも可能

天幕文字入れで訴求効果を高めます。オプションとなります。

天幕文字入れについてもっと詳しく

img_B-09_07

長期の使用に耐える強化構造と補強材を標準装備!!

img_B-09_08

サポートバーで安定性UP

フレーム株をサポートバーで補強することにより、フレームの安定性が大幅にUP!
img_B-09_09

グランドシートを装備

バスタブ形状で雨水の進入を防ぎます。
マジックテープでサポートバーに巻き付けます。
img_B-09_10

安心の8本足構造

モデルタイプの3.6m×5.4mサイズは通常6本足を8本足に変更し、耐久性・安定性を向上させております。
有効軒高は約2.2mで圧迫感をあたえません。

サイズ

img_B-09_11
テントサイズ 有効軒高 全高 収納サイズ 柱本数 天幕重量 収納バッグ重量 フレーム重量 総重量
3.6m×5.4m
2間×3間

KA/10WKT
224cm~255cm 344cm〜375cm 24cm×31cm×186cm 8本 12.6kg 1.6kg 45.5kg 約90.0kg

様々なオプションを付けて、より快適に

雨風対策に、運搬用に、テントの利便性を加速させるオプション商品も充実。
あると便利なパーツを揃えております。

オプション一覧を見る

加重プレート(鋳物製)

加重プレート(鋳物製)

5,500円(税別)

砂袋

砂袋

1,700円(税別)

ウェイトバッグ

ウェイトバッグ

3,800円(税別)

ハンマー

ハンマー

1,700円(税別)

天幕補修テープ

天幕補修テープ

800円(税別)


仕様

フレーム 【柱部】アルミ角パイプ+アルマイトコーティング仕上げ
【トラスバー他】硬質スチール+粉体焼付塗装仕上げ
ジョイント グラスファイバー+ナイロン6化合物
天幕 ターポリンII類 0.35mm厚 防炎認定品
横幕 ターポリンII類 0.35mm厚 防炎認定品
高さ調整 5段階調整
付属品 フレーム・天幕・横幕(4枚)・キャリーバッグ・杭(16本)・ロープ自在付(8本)・
天幕横幕収納袋(各1枚)・六角レンチ・グランドシート

注意事項

使用環境

大雨、強風、突風、雪、雷などの天候不順時、または設営期間中にそれが予想される場合には危険ですので使用しないで下さい。テント本体が倒れたり、水が溜まる等の恐れがある上、人が障害を負ったり、みのを破損させる原因となります。また、降雪時には雪が積もり倒壊する恐れがありますので使用しないで下さい。

用途

  1. 本品を常設用として使用しないで下さい。本品は、一時的かつ簡易的に使用することを目的とした構造となっているため、常設用として使用した場合、思わぬ事故につながる可能性があります。また、簡易目的用とした構造のため、完全な雨除けとしてはご利用いただけません。縫製部分より水が入る可能性がありますのでご了承下さい。
  2. 本品を改造したり加工したりしないで下さい。改造・加工による本体の倒壊や、人が障害を負ったり、物を破損させる恐れがあります。
  3. 本品には、絶対に上らないで下さい。また、ぶら下がったり、物を吊るしたりする等、過度の負担を掛けるような行為はしないで下さい。

特に下記の点にはご注意いただき、安全にご使用下さい。

  • 雨天時は設置場所や天幕の張り方により、雨が溜まる場合がございます。なるべく平らな場所に設置し、天幕の張り調整を必ずご確認下さい。また、状況により「レインサーボベルト」をご使用いただき四隅に水が溜まらないようにして下さい。

    天幕に水が溜まると、相当の荷重がフレームにかかり、柱が曲がったり、倒壊する可能性がございます。 天幕の張り調整方法
  • 従来の組立式パイプテントに比べて、重量的に軽いため、必ず付属品のクイ・グローブまたは「加重プレート」等の風対策用品でしっかり固定して下さい。
    また、テントサイズが大きくなればなるほど、風圧を受けやすくなります。風対策をしっかりしていても、過信せず、風の強い日は、設営を控えるか、撤去して下さい。
    また、オプションの横幕を取付ける時は、少しの風でも相当の風圧を受けることになります。横幕を取付けていない時以上に注意してご使用下さい。

    強風時に使用すると相当の風圧が天幕にかかり、飛ばされたり、倒れる恐れがあり、人が傷害を負ったり、物を破損させる危険がございます。

    風速の目安(青字:ご使用の際は注意して下さい)(赤字:ご使用はお控え下さい)

    • 風速5m/s     砂埃がたち落葉が舞う。
    • 風速8m/s     葉がある潅木が揺れはじめる。池の水面に波頭が立つ。
    • 風速10m/s    樹木が激しく揺れ、電線などがびゅうびゅうと鳴る。雨傘が壊れる。
    • 風速15m/s    取付けの悪い看板が飛ぶことがある。
    • 風速20m/s    身体を60度くらいに傾けないと立っていられない。
    • 風速25m/s    屋根瓦が飛ばされる。樹木が折れる。煙突が倒れる。

    ※風の吹き方は絶えず強弱の変動があり、瞬間風速は平均風速の1.5倍から3倍以上になる事があります。
     上記の風速はあくまでも目安としてお考え下さい。