スマートテント


スマートテント
  • 単品・部材 商品一覧
  • オプション商品一覧
ナビゲーション
スマートテントって?
60秒でらくらく設置。女性・お年寄りにも使いやすい!
「ワンタッチテント」と一言で言っても業務用のかんたんてんと®のようなものから、ホームセンターで売られている安価なものまで、強度や価格には大きな差があります。 スマートテントはサイズによって、柱の太さやテントの厚みを変更し、機能を最低限に絞るなど業務用の強度を維持しながら、コストを抑えたエントリーモデルの「ワンタッチテント」です。
60秒でらくらく設置。女性・お年寄りにも使いやすい!

かんたんてんと®3との違いとは?

設置は60秒

オールアルミとオールスチールのフレームはどちらも安心の強度を実現!

スマートテントのフレームは柱上部の補強パイプやソフトエッジ加工などのこだわりはございませんが安心にご使用いただける強度は有しております。 スチール材のフレーム素材で、安心の強度を実現!

5段階の高さ調整

柱フレームのレバーをプッシュすることで、 5段階の高さ調節が可能です。

5段階の高さ調整

プッシュレバー式 プッシュレバー式 調整

指を挟む危険のないプッシュレバー式の高さ調整部材は、レバーを押して、柱を上下する事により、高さを調整出来ます。

UVカット90%以上・防水加工・防炎加工が施された天幕

天幕はUVカット99%以上・防水加工・防炎加工を施したポリエステル250Dと500Dを採用。
軽さと機能性を兼ね備えた生地です。
シーリングテープで目止め処理 ミシン目はシーリングテープで目止め処理を行い、内部への雨の進入を軽減します。
ポリエステル250D 表面は撥水加工、裏面にも防水加工を施し、ダブルで雨の進入を軽減します。

かんたんてんと®3との違い

柱フレーム

かんたんてんと®3は雨に濡れやすい柱フレームの素材をアルミにするとともに、大きさと厚みをUP!
強くて錆びない柱フレームです。
1. スマートテントの柱フレームはスチールです。白系ハンマートン粉体焼付塗装で、サビにくく・傷つきにくい仕様にはしておりますが、万全とは言えません。
その点、かんたんてんと®3ではアルミ素材の採用で錆び対策も万全で、長期のご使用も安心です。

2. かんたんてんと®3はスマートテントに比べ、メインの柱フレームの径・肉厚が一回り大きく、強度的にも差があります。

3. かんたんてんと®3の柱フレームはカドを丸く面取りした「ソフトエッジ加工」を施しております。
ワンタッチテントの同サイズのパイプテントに比べれば軽いですが、それでも3m×6mサイズのフレームだと、約50kgの重量になります。そのフレームを持ち運びする際に、カドの立ったフレームだと、手に食い込み、かなり手が痛くなります。
「かんたんてんと®3」ではソフトエッジ加工により、手にかかる負担が明らかに軽減されます。

かんたんてんと®3との違い 柱フレーム

かんたんてんと®3の詳細を見る



桁フレーム

かんたんてんと®3は桁フレームの断面形状を長方形より、縦×横荷重に強い正方形を採用しております。
かんたんてんと®3との違い 桁フレーム

かんたんてんと®3の詳細を見る



フレーム高さ調整箇所

落下防止ロック付の高さ調整部材は、安全性と操作性を兼ね備えた「かんたんてんと®3」だけの新機能です。
レバー方式の採用により、片手で操作出来る操作性、誤作動を防ぐロック機能のついた安全性など「かんたんてんと®3」の独自機能で、大幅に高さ調整がしやすくなりました。スマートテントはプッシュ式を採用し、安全に高さ調整が出来るようになっております。

かんたんてんと®3との違い フレーム高さ調整箇所

かんたんてんと®3の詳細を見る



オートピーク機能

かんたんてんと®3はオートピークフレームを採用し、天幕の張りを調整出来ます。
また色をグレーにすることにより、分かりやすい操作性を実現しました。
かんたんてんと®3はダイヤルを回すことにより、テントの張りを調整することが可能です。約10cm上下致します。
スマートテントはダイヤルの機能はついておりません。

かんたんてんと®3との違い オートピーク機能

かんたんてんと®3の詳細を見る



天幕

圧倒的なカラーバリエーション!
鮮やかな色彩から渋い色彩まで、企業イメージやイベントのスタイルに合わせて、12色の多彩なカラーバリエーションの中からお選びいただけます。

かんたんてんと®3との違い 天幕

かんたんてんと®3の詳細を見る

2種類のフレームからお選びいただけます。

オールスチールフレーム
スチール素材の特徴

スチールの白系ハンマートン焼付塗装処理はアーティスティックな凹凸のデザインでキズを目立ちにくくし、衝撃からパイプを守ります。

こんな方におすすめ!

コストを抑えたい方

スチール材が安価な事から初期費用・部材交換時も経済的になります。

オールスチールフレーム
オールアルミフレーム
アルミ素材の特徴

軽量でサビに強いアルミフレームはスチールフレームに比べて重量が2割弱の軽量化を図っております。マットなシルバー色は清潔感がある仕上がりになっております。

こんな方におすすめ!

野外や海の近くでご利用になる方

アルミ材は対候性に優れ、雨や潮風によるサビや腐食に強くなっています。

運びやすさ重視!軽量タイプを好まれる方

軽いのはオールアルミならでは!

オールアルミフレーム

鮮やかな色彩から渋い色彩まで、企業イメージやイベントのスタイルに合わせてお選び下さい。

2.0×2.0m ST2020
2.5m×2.5m ST2525
3.0m×3.0m ST3030
2.5m×2.5m STA2525
3.0m×3.0m STA3030
2.0×3.0m ST2030
2.5m×3.7m ST2537
3.0m×4.5m ST3045
2.5m×3.7m STA2537
3.0m×4.5m STA3045
2.5m×5.0m ST2550
3.0m×6.0m ST3060
2.5m×5.0m STA2550
3.0m×6.0m STA3060
標準色
  • 白
  • 赤
  • 青
  • 黄
  • 緑
  • 白
  • 赤
  • 青
  • 黄
  • 緑
  • 白
  • 赤
  • 青
  • 黄
  • 緑
オプション色
  • 黒
  • オレンジオレンジ
  • ピンクピンク
  • 深緑深緑
  • 黄緑黄緑
  • 紺
  • 水色水色
  • OD色OD色
  • 黒
  • オレンジオレンジ
  • ピンクピンク
  • 深緑深緑
  • 黄緑黄緑
  • 紺
  • 水色水色
  • OD色OD色
  • 黒
  • オレンジオレンジ
  • ピンクピンク
  • 深緑深緑
  • 黄緑黄緑
  • 紺
  • 水色水色
  • OD色OD色

天幕文字入れも自由に

天幕文字入れも自由に

学校名や企業ロゴ・商品名を入れることで、イベントやキャンペーンでの宣伝効果を高めます。
天幕・横幕どちらでも同じようにプリントが可能です。カッティングシートから全面印刷までフレキシブルな対応で目的やデザインにあわせたプリントをご提案します。

天幕文字入れについてもっと詳しく

目的にあわせたプリント

様々なオプションを付けて、より快適に

雨風対策に、運搬用に、テントの利便性を加速させるオプション商品も充実。
あると便利なパーツを揃えております。

オプション一覧を見る

オプション一覧を見る

仕様

オールスチール
フレーム
支柱箇所
スチール角パイプ
31.8mm角 0.9mm厚(白系ハンマートン粉体焼付塗装処理)
28.6mm角 0.7mm厚(白系ハンマートン粉体焼付塗装処理)
or
28.6mm角 0.7mm厚(白系ハンマートン粉体焼付塗装処理)
25.4mm角 0.7mm厚(白系ハンマートン粉体焼付塗装処理)
桁箇所
スチール角パイプ
25.4×12.7mm角 0.6mm厚(白系ハンマートン粉体焼付塗装処理)
or
22.0×10.0mm角 0.6mm厚(白系ハンマートン粉体焼付塗装処理)
天井部分
スチール角パイプ
22mm角 0.7mm厚(白系ハンマートン粉体焼付塗装処理)
25.4mm角 0.7mm厚(白系ハンマートン粉体焼付塗装処理)
オールアルミ
フレーム
支柱箇所
アルミ角パイプ
32mm角 1.8mm厚(アルマイトコーティング処理)
27mm角 1.5mm厚(アルマイトコーティング処理)
桁箇所
アルミ角パイプ
25.4×12.4mm 0.6mm厚(アルマイトコーティング処理)
天井部分
アルミ角パイプ
22mm角 1.0mm厚(アルマイトコーティング処理)
25.5mm角 1.2mm厚(アルマイトコーティング処理)
ジョイント グラスファイバー+ナイロン6化合物
天幕 ポリエステル100% 250D or 500D
(防炎・防水・UVカット塗布処理済)
横幕 ポリエステル100% 250D
(防炎・防水・UVカット塗布処理済)
標準付属品 梱包

標準付属品

  • 1. フレーム
  • 2. フレームカバー
  • 3. 天幕
  • 4. 天幕収納袋
  • 5. ペグ
  • 6. ペグ収納袋
  • 7. ロープ
  • 8. T字レンチ
  • 9. 六角レンチ
  • 10. 取扱説明書

注意事項

使用環境

大雨、強風、突風、雪、雷などの天候不順時、または設営期間中にそれが予想される場合には危険ですので使用しないで下さい。テント本体が倒れたり、水が溜まる等の恐れがある上、人が障害を負ったり、物を破損させる原因となります。また、降雪時には雪が積もり倒壊する恐れがありますので使用しないで下さい。

用途

  1. 本品を常設用として使用しないで下さい。本品は、一時的かつ簡易的に使用することを目的とした構造となっているため、常設用として使用した場合、思わぬ事故につながる可能性があります。また、簡易目的用とした構造のため、完全な雨除けとしてはご利用いただけません。縫製部分より水が入る可能性がありますのでご了承下さい。
  2. 本品を改造したり加工したりしないで下さい。改造・加工による本体の倒壊や、人が障害を負ったり、物を破損させる恐れがあります。
  3. 本品には、絶対に登らないで下さい。また、ぶら下がったり、物を吊るしたりする等、過度の負担を掛けるような行為はしないで下さい。

特に下記の点はご注意いただき、安全にご使用下さい。

注意

雨天時は設置場所や天幕の張り方により、雨が溜まる場合がございます。なるべく平らな場所に設置し、天幕の張り調整を必ずご確認下さい。

天幕に水が溜まると、相当の荷重がフレームにかかり、柱が曲がったり、倒壊する可能性がございます。

  • 80kg
  • 120kg
  • 140kg
  • ペグをテントの対角線上にしっかり根本まで打ち込みます
  • 天幕の四隅にあるプラスチックの留め具にしっかりとロープを結び、ペグをテントの対角線上にしっかり根本まで打ち込みます。

注意

従来の組立式パイプテントに比べて、重量的に軽いため、必ず付属品のクイ・グローブまたは「加重プレート」等の風対策用品でしっかり固定して下さい。
また、テントサイズが大きくなればなるほど、風圧を受けやすくなります。風対策をしっかりしていても、過信せず、風の強い日は、設営を控えるか、撤去して下さい。
また、オプションの横幕を取付ける時は、少しの風でも相当の風圧を受けることになります。横幕を取付けていない時以上に注意してご使用下さい。

強風時に使用すると相当の風圧が天幕にかかり、飛ばされたり、倒れる恐れがあり、
人が傷害を負ったり、物を破損させる危険がございます。

  • 強風時
  • テントをしっかり固定していないと突風・強風で飛ばされる危険がございます。

  • 強風時
  • しっかりと風対策をしていても強風・突風の風圧によりフレームに過度の負担がかかり、倒れる危険がございます。

風速の目安 (青字:ご使用の際は注意して下さい)(赤字:ご使用はお控え下さい)
風速5m/s 砂埃がたち落葉が舞う。
風速8m/s 葉がある潅木が揺れはじめる。池の水面に波頭が立つ。
風速10m/s 樹木が激しく揺れ、電線などがびゅうびゅうと鳴る。雨傘が壊れる。
風速15m/s 取付けの悪い看板が飛ぶことがある。
風速20m/s 身体を60度くらいに傾けないと立っていられない。
風速25m/s 屋根瓦が飛ばされる。樹木が折れる。煙突が倒れる。

※風の吹き方は絶えず強弱の変動があり、瞬間風速は平均風速の1.5倍から3倍以上になる事があります。
 上記の風速はあくまでも目安としてお考え下さい。